1. HOME
  2. ブログ
  3. モノづくりの裏側

モノづくりの裏側

知ってもらえたらなぁ。と思うモノづくりの裏側。
上手工作所の出荷作業は、ただ荷物を梱包するだけではありません。黒皮鉄のパーツはサビを確認して、オイルでお手入れをし直したり、木は反りや割れを確認したり。出荷前に商品の状態を確認しています。
 

 

効率よく商品を販売するには在庫品をたくさんストックしておけばいいのですが、経年変化をともなう上手工作所のアイテムは、生もののように変化してしまうのです。
 
 

 
 
注文を受けてから作っていてはお待たせしてしまうし、製作コストも上がってしまう。効率の良さを求め、クレームを避けようと、均一な仕上げにすれば素材の良さが失われていきます。だからストックをどのくらいしておくかは、毎回のように頭を悩ませる課題なのです。
 

 
この課題はこれからも続くのですが、少しでも裏側を知っていただけたらなと思います。
 

関連記事