1. HOME
  2. ブログ
  3. 棚受けの選び方 その2

棚受けの選び方 その2

前回の記事「棚受けの選び方」では、用途や好みによって棚受けを選ぶ場合のお話をしました。
今回は「棚板に合わせた棚受けの選び方」について、書きたいと思います。

取り付けたい棚の幅(W寸法)、奥行き(D寸法)に合わせて、棚板のサイズが想定できている場合、その棚板を取り付けるための棚受けは「何個必要?」で「どのサイズ?」という疑問が出てきますよね。

まず何個必要かという点ですが、上手工作所では「棚受けは900㎜以内のピッチで取付けてください。」とお願いしています。

 900㎜以内のピッチで取付ける必要があると分かれば、自分の作りたい棚に何個の棚受けが必要か想定できますよね。

 上記を踏まえ、次のことも注意してください。

  • 棚板のW寸法が1200㎜くらいまでなら棚受けは2個で受けます。
  • 棚板の厚みが薄いと棚板がたわむ可能性があるので、補強として棚受けを増やす必要があります。
  • 棚板に本など重たいものを乗せる場合も、補強として棚受けを増やします。

次に棚受けのサイズですが、取付ける棚板の2/3は棚受けで受けてください。

棚板の奥行き × 2/3 ≦ 棚受けの奥行き

それぞれの棚板のサイズに合わせた品名をまとめてみましたので参考にしてください。

 

 

 

関連記事

  • 関連記事はございません。